債務整理や自己破産 ブラックリスト

債務整理や自己破産をするとブラックリストに載る?

債務整理や自己破産をすると、信用情報機関にその情報が登録されて、借入ができなくなりますが、このことを「ブラックリストに載る」ということがあります。

 

しかし、実際に「ブラックリスト」というリストがあるわけではありません。

 

新規の借り入れの申し込みを受けた貸金業者は、信用情報機関の登録情報を確認します。そして、事故情報の登録がある場合には、通常貸し付けは行わないということになります。また、現在利用しているカードについても、使えなくなる可能性があります。

 

どのような情報が信用情報機関に登録されるのか

 

どのくらいの間、その情報は登録されているのか。

 

クレジット入金の遅延は入金予定日から3カ月以上延滞した場合は、「延滞期間中登録されます」返済金が延滞を解消した場合でも延滞解消してから「延滞解消日から1年」は情報が残ります

 

債務整理(契約先に返済額の減額等を申し入れた場合)をした場合は発生から5年間情報が残ります。自己破産申立、個人再生申立をした場合は発生日から5年間情報が残ります。

 

各信用情報に対して、ご自分の信用情報が現在どうなっているかの開示請求ができます。

 

情報入力が間違って登録されることが、よくあるそうです。

 

たとえば、生年月日が同じ方の情報、同姓同名の方の情報などが間違って登録されて、本人はまったく金融事故の記憶がないのに、借り入れのw審査が通らないというような方は、ご自分の信用情報が現在どうなっているかの開示請求をして、間違っていれば、訂正の請求をすることができます。

 

 

また、気を付けなければいけない、携帯電話の延滞です。
携帯の延滞くらいで、ブラックリストに載るはずがないとおもって見えますが、実は、2〜3ヵ月の滞納で、リストに載ってしまいことがあります。

 

 

何故かといえば、電話代金の延滞だけでしたら、通話を停止されるだけで済みますが、毎月の料金の中に、携帯電話代と携帯端末代金が併せて請求されることが多いためです。

 

本人の認識では、携帯電話の通話料金を滞納しているつもりでも、請求されている料金の中には携帯端末の分割払いの分も含まれており、割賦販売に関する信用情報を登録するCICにおいて、事故の情報として登録されてしまうというわけです。

 

2〜3カ月の滞納で、登録されてしまうようです。金額は少額でも、支払った後5年間は情報は消えません。ご注意ください。

 

関連ページ

借金は何年間で時効となるか?
その期間は、貸主か借主のいずれかが商法上の商人であれば5年となり、いずれも商人でない場合には一般的な債権として10年(民法167条)となります。したがって、消滅時効期間を判断する際には、貸主が商人であるか、借主が商人であるかどうかがポイントとなります。
保証人と連帯保証人について
保証人と連帯保証人は同じようですが、その責任能力は大きく違います。保証人保証人が支払をしなければならないケースは、債務者が支払うことができない場合だけ です。債務者が支払うことができない場合というのは、例えば債務者が自己破産したとか、行方不明になって連絡がつかないなどが考えられます。
カードローンの裁判・強制執行について
カードローンの返済が滞り、最終的には支払う気持ちがないというような場合は、金融会社は、ハガキの督促、電話の督促、自宅訪問、などをしますが、それでも解決しない場合は、裁判という方法で債権を回収しようとします。しかし、債権の金額にもよりますが、50万円以下のような場合、裁判費用が回収金額よりも多くなってしまうというようなことにもなりかねませんので、裁判まで行くことはあまりないようですね。
特定調停は自分でできる
債務整理方法の中で、唯一、弁護士・司法書士に依頼しなくてできるのが、特定調停です。特定調停の手続自分自身が裁判所に出向き「特定調停の申し出」をします。裁判所は「裁判所が選ぶ調停委員(仲裁してくれ人)が債務者(お金を借りている人)と債権者(お金を貸している会社)の、言い分を聞きながら、話し合いを進めていく」ことになります。