借金 時効

借金は何年間で時効となるか?

借金は、最後の返済日から一定の期間が経過すると消滅時効が成立します。

 

その期間は、貸主か借主のいずれかが商法上の商人であれば5年となり、いずれも商人でない場合には一般的な債権として10年(民法167条)となります。

 

したがって、消滅時効期間を判断する際には、貸主が商人であるか、借主が商人であるかどうかがポイントとなります。

 

サラ金・貸金業者が貸主である貸金の場合

 

貸主が消費者金融などの貸金業者である場合、貸金業者が会社なのか個人なのかで時効期間は異なります。

 

貸金業者が会社である場合の時効期間は5年、個人である場合の時効期間は、10年になります。
普通の消費者金融からの借り入れのばあいはこのケースとなります。

 

信用金庫が貸主である貸金

 

信用金庫は組合とか呼ばれる場合もありますが、法律上は、信用金庫は、会社ではないとされています。したがって、会社ではない信用金庫が貸主である貸金の時効期間は、10年になります。

 

銀行が貸主である貸金の場合

 

銀行は会社ですから、銀行が貸主である貸金の時効期間は5年になります。

 

このように時効が成立する期間は異なりますが、いずれにしても、時効がきたからと言って、そのままにしておいても、返済義務が消滅するわけではありません。

 

消滅時効の「援用」という手続きをしないといつまでたっても、返済義務が残ってしまいます。

 

時効期間が経過したとしても、消滅時効の「援用」をしなければ、借金を消滅させることは出来ません。「援用」とは、時効の利益を受けるということを相手に伝えることを言います。

 

具体的には、消滅時効を援用するという通知を、配達証明付きの内容証明郵便で郵送するという方法によります。

 

気を付けなければいけないのは、時効が成立した後でも、少しでも返済を借主がした場合は、時効が停止して、再び支払い義務が発生しますから、気を付けましょう。

 

悪質な消費者金融の場合、、時効完成していることを知っていて、時効の援用をされる前にあえて請求して、少額の返済をさせて、時効の援用権を喪失させようとする業者もありますから、注意しなければいけません。

 

関連ページ

債務整理や自己破産をするとブラックリストに載る?
債務整理や自己破産をすると、信用情報機関にその情報が登録されて、借入ができなくなりますが、このことを「ブラックリストに載る」ということがあります。しかし、実際に「ブラックリスト」というリストがあるわけではありません。 新規の借り入れの申し込みを受けた貸金業者は、信用情報機関の登録情報を確認します。そして、事故情報の登録がある場合には、通常貸し付けは行わないということになります。また、現在利用しているカードについても、使えなくなる可能性があります。
保証人と連帯保証人について
保証人と連帯保証人は同じようですが、その責任能力は大きく違います。保証人保証人が支払をしなければならないケースは、債務者が支払うことができない場合だけ です。債務者が支払うことができない場合というのは、例えば債務者が自己破産したとか、行方不明になって連絡がつかないなどが考えられます。
カードローンの裁判・強制執行について
カードローンの返済が滞り、最終的には支払う気持ちがないというような場合は、金融会社は、ハガキの督促、電話の督促、自宅訪問、などをしますが、それでも解決しない場合は、裁判という方法で債権を回収しようとします。しかし、債権の金額にもよりますが、50万円以下のような場合、裁判費用が回収金額よりも多くなってしまうというようなことにもなりかねませんので、裁判まで行くことはあまりないようですね。
特定調停は自分でできる
債務整理方法の中で、唯一、弁護士・司法書士に依頼しなくてできるのが、特定調停です。特定調停の手続自分自身が裁判所に出向き「特定調停の申し出」をします。裁判所は「裁判所が選ぶ調停委員(仲裁してくれ人)が債務者(お金を借りている人)と債権者(お金を貸している会社)の、言い分を聞きながら、話し合いを進めていく」ことになります。