保証人 連帯保証人

保証人と連帯保証人は同じようですが、その責任能力は大きく違います。

 

保証人

 

保証人が支払をしなければならないケースは、債務者が支払うことができない場合だけ です。債務者が支払うことができない場合というのは、例えば債務者が自己破産したとか、行方不明になって連絡がつかないなどが考えられます。

 

保証人には以下で説明する「催告の抗弁権」と「検索の抗弁権」が与えられています。「催告の抗弁権」とは契約者(債務者)に十分な取立て(支払い請求)をせず、保証人に返済を要求してきた時、まず契約者に支払いを請求するよう返済を拒否することができる権利です

 

 

「検索の抗弁権」とは、契約者(債務者)に返済に充当できる財産がある場合には、まずその財産から支払いを請求するよう返済を拒否することができる権利です

 

 

連帯保証人

 

 

契約者(債務者) と同等の扱いになります。したがって、債務者の返済が1日でも遅れれば、即座に連帯保証人に返済請求が行く場合もあります。

 

 

財産の差し押さえの場合も同じです。基本的に債務者と全く同じと考えて差し支えありません。連帯保証人には「催告の抗弁権」と「検索の抗弁権」が与えられていません。

 

関連ページ

債務整理や自己破産をするとブラックリストに載る?
債務整理や自己破産をすると、信用情報機関にその情報が登録されて、借入ができなくなりますが、このことを「ブラックリストに載る」ということがあります。しかし、実際に「ブラックリスト」というリストがあるわけではありません。 新規の借り入れの申し込みを受けた貸金業者は、信用情報機関の登録情報を確認します。そして、事故情報の登録がある場合には、通常貸し付けは行わないということになります。また、現在利用しているカードについても、使えなくなる可能性があります。
借金は何年間で時効となるか?
その期間は、貸主か借主のいずれかが商法上の商人であれば5年となり、いずれも商人でない場合には一般的な債権として10年(民法167条)となります。したがって、消滅時効期間を判断する際には、貸主が商人であるか、借主が商人であるかどうかがポイントとなります。
カードローンの裁判・強制執行について
カードローンの返済が滞り、最終的には支払う気持ちがないというような場合は、金融会社は、ハガキの督促、電話の督促、自宅訪問、などをしますが、それでも解決しない場合は、裁判という方法で債権を回収しようとします。しかし、債権の金額にもよりますが、50万円以下のような場合、裁判費用が回収金額よりも多くなってしまうというようなことにもなりかねませんので、裁判まで行くことはあまりないようですね。
特定調停は自分でできる
債務整理方法の中で、唯一、弁護士・司法書士に依頼しなくてできるのが、特定調停です。特定調停の手続自分自身が裁判所に出向き「特定調停の申し出」をします。裁判所は「裁判所が選ぶ調停委員(仲裁してくれ人)が債務者(お金を借りている人)と債権者(お金を貸している会社)の、言い分を聞きながら、話し合いを進めていく」ことになります。