消費者金融 債権回収

消費者金融の債権回収=怖いお兄さん

貸金業法が改定されるまでは、高金利で法外な返済金を要求されるために、返済できずに、夜逃げや、怖いお兄さんたちの取り立て、でんわ攻撃、脅し、恐喝などかなり平然と行われて、自殺者まで出るということがありました。

 

では、新貸金業法が施行されてからはどのようになったのでしょうか?

 

 

消費者金融を利用するにあたって借りたお金は期日に必ず返済すると言う事が大前提となりますが、万が一返済が間に合わなかった場合に金融業者からの取り立てはどのように行われているのでしょうか?

 

 

返済が期日内に間に合わなかった場合、1日2日は待ってくれますが当然相手も仕事ですからいつまでも待ってはくれません。ご自身または勤務先に連絡が来て、それでも応じなかった場合、怖そうな人達が自宅または勤め先に押し掛けて返済を迫ります。

 

 

と言うのは冗談で現在ではそういった事は皆無ですし、消費者金融会社そのものが行政指導を受ける対象となってしまいます。しかし以前はそういった事が公然と行われていたそうです。

 

 

そのような行為が行われなくなったといっても、返済しなくてもよいということにはなりませんから、まず念頭にいれておかなければ行けない事として、一日遅れるごとに遅延損害金と言うのが発生します。

 

 

これは遅れた分のペナルティー的な位置づけとして考えてもらえれば良いと思います。

 

 

返済すべき金額に対してかかるものなので一日の金額そのものはそんなにしませんが、消費者金融の平均的な金利は非常に高く設定してありますから、塵も積もれば山となるので放っておくと、借入金額の2,3倍にあっという間になってしまいますから要注意です。

 

 

遅延を何日も放っておくと当然連絡が来ます。平たく言えば催促なのですが、どちらかと言うと返済のお願いと言った形で口調もとても穏やかです。

 

 

あまり何日も放っておくと相手の口調のやや厳しくなってくるのでその際は誠意を持って対応する事を忘れない様にしてください。極端に返済が遅れた場合、消費者金融側は契約そのものを一方的に破棄して一括返済を要求してくる事があります。

 

 

一見強引かもしれませんがこれはちゃんと法律によって認められてる合法的な回収方法であり、最初に借り入れるときの契約条項に規定されていますから、万が一そうなってしまった場合は決して恐れる事はなくきちんと誠意を持って対応する事です。

 

 

法律で認められてる以上一括請求を取り下げない業者もいるかもしれませんが相手も仕事です。きちんと返済する事さえ約束してくれれば話し合いには応じてくれるはずです、むしろ一括請求はその分デメリットも大きいですから、業者としても分割払いのほうがメリットが多いですから、こちらの要求に応じてくれます。

 

 

消費者金融が返済方法として禁じられてる事として、暴力、暴言、債務者以外の者に対する請求、不用意な職場や実家への連絡、債務者への連絡も時間が決められており、これを守らなければ厳しく罰せられます。

 

 

法律上厳しい取り立てが出来なくなってるのが現状ですが、だからといって自宅への訪問や勤務先への連絡は消費者金融が必要と感じた場合は禁止事項とはなりません、そこを注意しなければなりません。

 

 

とにもかくにも、返済が遅れた、または支払いが困難になった場合は逃げずにちゃんと話だけする事を忘れないで下さい。今の消費者金融は決して強引な事はせず、債務者に見合った方法と言うのを提案してくれるはずです。

 

 

支払が難しくなった場合に、金融会社との交渉がうまくいかない場合には、早めに弁護士や司法書士などに相談して早めに解決策を見つけることが大切です。

 

関連ページ

ヤミ金融の見分け方
ヤミ金融対策法の成立によって、高金利貸付けに関する罰則が大幅に引き上げられ、また違法な広告・勧誘に関しても罰則が適用されるようになりました。しかし残念ながら「これで安心!」というわけにはいかないのが現状です。
消費者金融の取り立ての実態
キャレントは、ブラックでも融資可能と言われる消費者金融ですが、そのような噂は本当でしょうか?キャレントの口コミや評判を見ているとキャレントの審査に落ちた人は、他社の返済を延滞・滞納している場合がほとんどでした。キャレントはブラックでも融資可能な消費者金融ですが、返済が延滞・滞納している状況ではキャレントでキャッシングする事は非常に難しいということです。ただ、キャレントの場合は独自の審査基準がありますので、延滞・滞納している原因などによっては融資が可能なことがあります。
多重債務者が陥る・整理屋・ヤミ金融
多重債務とは、複数の金融会社から融資を受け、自分の収入や資産では返済ができない状態にあることを言います。こういった状態に陥ってしまった人のことを多重債務者と呼びます。多重債務者は、少なくても全国で150万人以上いると言われています。
「おまとめローン」の落とし穴
2006年8月に報道されたニュースで、信用情報機関のデータが消費者金融の営業活動に悪用されていたというものです。以前もお伝えしていますが、信用情報機関とは、キャッシング利用者の情報が登録されている外部の機関。審査の際にはここに、申込者の個人情報のほか、借入情報や事故情報を問い合わせます。
闇金融キャッシングの実態
お金がない人というのはもちろんですが、きちんと現実と向き合っていない人がいる限り、闇金はなくならないでしょう。すでに闇金以外のキャッシング業者からお金を借りることができない
悪質業者を利用したと思ったらどうしたらよいか
金融業者からの借り入れが多くなり、返済が苦しくなってきますと、どうしても、訳の分からない悪徳業者に手を出してしまうことがあります。悪徳業者の手口はいろいろありますが、いま問題になっている「振り込め詐欺」と同じような手口で、実に巧妙な手口を使い、消費者をだまそうとします。