消費者金融の取り立ての実態

消費者金融の取り立ての実態

良く映画やドラマで、サラ金といわれるやくざ風の人物が登場して、脅迫や、荒っぽい取り立てのシーンを見ることがありますが、今でもこのようなことがあるのでしょうか?

 

借金の取り立てというと、ヤクザっぽい男が家に押しかけて、怒鳴ったり、ドアを蹴ったりするといった怖〜いイメージがあるかもしれません。しかし、ヤミ金融の場合はこのようなことが行われていることがあるようです。というのは、
もともと闇金自体が非合法の組織であり、非合法の取り立てをしてくるということですから、くれぐれも闇金にはご注意を。

 

けれどそれは、テレビドラマやヤミ金融などの悪徳業者だけのこと。

 

あたえりまえですが、実際はこういった取り立ては行われていません。

 

もしそんなことをしたら、警察に訴えられて、社会的信用を失ったり、業務停止になってしまいますから。

 

現在では、貸金業規正法という法律によって、以下の行為は禁止されています。

 

即日融資も可能のおすすめキャッシングはこちら↓ ↓ ↓

 

 

 

●正当な理由のない21時〜8時の取り立て

 

●大人数で押しかける

 

●張り紙をする

 

●勤務先への訪問

 

●暴力的な態度、罵声や暴言

 

●家族や第三者への取立て

 

●弁護士介入後への取立て

 

●他の金融業者への借入での返済を要求

 

支払日を過ぎても入金がない場合

支払日を過ぎても入金がない場合、早ければ翌日から数日以内に電話がかかってきます。

 

もちろん、怒鳴ったりすることはなく「お支払い予定日が過ぎていますが」「ご入金をお忘れではないですか?」といった丁寧な応対です。

 

また、「入金のお願い」といった書類が郵送されてくることもあります。しかし、いつまでも連絡がつかなかったり入金がされなかったりすると、企業の対応もしだいに変わってきます。

 

キャッシング企業がいちばん心配しているのは、本人と連絡がつかないことです。

 

いつまでもたっても連絡がつかなかったり、何度も入金の約束を破っていると、いよいよ自宅を訪問することになります。郵送する書類の文面も「法的手続きに入る」といった内容になってきます。

 

そして、自宅訪問をしても、入金の約束を破ったり、居所不明であれば、実家などに連絡がいくことになります。

 

ほとんどのキャッシング企業は、延滞から3ヵ月くらいで、管理部など取り立てを専門に行う部署に管理を移管します。

 

しかし、どのような段階でも、優良企業は脅したり暴言を吐いたりなどの取り立ては行いません。

 

法にふれる乱暴な取り立てをするのは、ヤミ金融だけです。し かし、だからといって返済に遅れるのは、良いことではありませんね。どうしても遅れてしまう場合は、事前に連絡をすることをおすすめします。

 

 

 

関連ページ

ヤミ金融の見分け方
ヤミ金融対策法の成立によって、高金利貸付けに関する罰則が大幅に引き上げられ、また違法な広告・勧誘に関しても罰則が適用されるようになりました。しかし残念ながら「これで安心!」というわけにはいかないのが現状です。
多重債務者が陥る・整理屋・ヤミ金融
多重債務とは、複数の金融会社から融資を受け、自分の収入や資産では返済ができない状態にあることを言います。こういった状態に陥ってしまった人のことを多重債務者と呼びます。多重債務者は、少なくても全国で150万人以上いると言われています。
「おまとめローン」の落とし穴
2006年8月に報道されたニュースで、信用情報機関のデータが消費者金融の営業活動に悪用されていたというものです。以前もお伝えしていますが、信用情報機関とは、キャッシング利用者の情報が登録されている外部の機関。審査の際にはここに、申込者の個人情報のほか、借入情報や事故情報を問い合わせます。
闇金融キャッシングの実態
お金がない人というのはもちろんですが、きちんと現実と向き合っていない人がいる限り、闇金はなくならないでしょう。すでに闇金以外のキャッシング業者からお金を借りることができない
悪質業者を利用したと思ったらどうしたらよいか
金融業者からの借り入れが多くなり、返済が苦しくなってきますと、どうしても、訳の分からない悪徳業者に手を出してしまうことがあります。悪徳業者の手口はいろいろありますが、いま問題になっている「振り込め詐欺」と同じような手口で、実に巧妙な手口を使い、消費者をだまそうとします。
消費者金融の債権回収=怖いお兄さん
貸金業法が改定されるまでは、高金利で法外な返済金を要求されるために、返済できずに、夜逃げや、怖いお兄さんたちの取り立て、でんわ攻撃、脅し、恐喝などかなり平然と行われて、自殺者まで出るということがありました。では、新貸金業法が施行されてからはどのようになったのでしょうか?