申し込みブラック

申し込みブラックについて

ブラックに載ってしまう場合に、意外と知られていないのが、申し込みブラックといわれる人です。

 

 

クレジットカードの審査の知識が無い人で、最もよくやってしまいがちなのは、いろいろな会社に同時期に何社も申し込んでしまうことです。Aクレジットに落ちてしまったから次はBクレジット、それもだめでC、D、E……という感じで複数の会社に申し込みをしてしまうことです。これを通称「多重申し込」みと呼び、クレジットカードの審査にとても不利になってしまう要因になってしまうのです。

 

それは、申し込みをしただけでは、信用情報機関に登録されはしないだろうと思っている方が見えますが、申し込みをして、審査落ちしてもその情報は、個人信用情報機関に「申し込みをした事実」として登録されています。

 

 

結論から言えば、クレジットカード(に関わらずショッピングクレジットやオートローン、カードローン等)は、連続して何度も申し込まない方がよいです。申し込み件数が多いほど、審査に否決される可能性が高くなります。基本的に、件数が多ければ多いほどマイナスと思ってください。

 

 

あなたが過去6ヶ月間に(他社含め)クレジットカードに申し込んだ件数は、個人信用情報機関に「申し込みをした事実」として登録されています。そのため、審査するカード会社には、申込件数がばればれになってしまうのです。

 

また、その後の成約情報を見ることで、それらの審査に通ったのか・落ちたのかまでも推測する事が可能です。ですので、決まりがある訳ではありませんが、半年に3件位(数字の根拠はありませんが)までにしておいた方が、審査にとって良いと思います。

 

あっちこっちの審査で否決された人

 

審査に否決するのは、その会社の発行基準に達していなかったから。つまりCredit(信用)を与えられなかった時です。他社が落とした事実を知ったら、次に審査するカード会社としては、なにか問題があるお客なのでは!?と思ってしまう可能性があります。

 

例えば、特に属性に問題がないのに審査に否決されていた人であれば、「なんでこの人は落ちたんだろう?」と、不必要に勘ぐられる可能性だってあります。どちらにしても、あっちこっちで審査に断られている人なら、敬遠してしまうのが人の考えと言えます。

 

申し込みはできるだけ間をあけて

 

個人信用情報機関に登録される、申し込みした事実は、半年で消えます。ですので、過去六ヶ月をさかのぼって多く申し込みをしていると、審査が厳しくなりますよという事です。消えるまで待てば問題ありません。

 

ただし、先ほどのとおり絶対的な指標があるわけではありませんので、何件以上申し込んだらNGという決まりはありません。(社内の決まりはあるかもしれませんが、それは社内機密ですから、私たちでは分かりかねる事です)

 

たくさん申し込んでいても、それ以上の属性をもっていれば審査に通るかもしれませんしその逆もあります。上記の半年に3件というのはあくまでも目安としてお考えください。

 

 

関連ページ

ブラックリストはどんなリスト?
キャレントは、ブラックでも融資可能と言われる消費者金融ですが、そのような噂は本当でしょうか?キャレントの口コミや評判を見ているとキャレントの審査に落ちた人は、他社の返済を延滞・滞納している場合がほとんどでした。キャレントはブラックでも融資可能な消費者金融ですが、返済が延滞・滞納している状況ではキャレントでキャッシングする事は非常に難しいということです。ただ、キャレントの場合は独自の審査基準がありますので、延滞・滞納している原因などによっては融資が可能なことがあります。
延滞債務者とはどのような人?
銀行、あるいは消費者金融から借り入れをして、毎月の返済金が滞ってしまった場合に、返済が延滞されたといいますが、では、どのくらい返済をしなかった場合に、延滞債務者といわれるのでしょうか。 銀行での借り入れの場合は、特に規定はなく、返済が延滞した時に、債務者のほうに連絡が来て、延滞している理由とか、いつごろに入金してもらえるなどの話があり、お互いの話し合いの中で返済の方法が決められていきますので、いきなり、全国銀行個人信用情報センターのいわゆる不良債権者、ブラックリストとして登録されるわけでは有りません。
ブラックリストから解除されるまでの期間
借金の返済などを怠ってしまったことが原因で、新しいクレジットカードなどが作れなくなってしまった場合。ほとんどの消費者金融などではお金を借りられることができなくなってしまいます。ブラックリストに載ってしまったとき、解除するまでどのくらいの期間が必要なのでしょうか?ブラックリストと聞きますと、あたかもそのような顧客情報が記載された名簿が存在するかのようですが、実際には、ブラックリストという名のリストは存在しません。