ブラックリスト

ブラックリストから解除されるまでの期間

借金の返済などを怠ってしまったことが原因で、新しいクレジットカードなどが作れなくなってしまった場合。ほとんどの消費者金融などではお金を借りられることができなくなってしまいます。

 

ブラックリストに載ってしまったとき、解除するまでどのくらいの期間が必要なのでしょうか?

 

ブラックリストと聞きますと、あたかもそのような顧客情報が記載された名簿が存在するかのようですが、実際には、ブラックリストという名のリストは存在しません。

 

例えば、あなたがローンを組んだり、クレジットカードを作ったりしたとします。そうすると、あなたの情報(顧客情報)は、「信用情報機関」に登録されます。

 

しかし、ある一定期間返済することが出来なくなってしまったり、破産手続きを行うと、「事故情報(異動情報や延滞情報、ネガティブ情報)」として「信用情報機関」に登録されてしまいます。

 

 

指定信用情報機関とは

 

 

指定信用情報機関とは信用情報提供等を行う法人組織です。一定の要件を満たすことにより個人情報の保護に関する法律を遵守する必要があります。

 

改正貸金業法により、信用情報機関はよりいっそう厳格に情報を管理し、過剰貸付を防止するための役割を担うことになりました。

 

主なものとして下記の3つがあります。これらの指定信用情報機関は、取引を開始する際の個人の経済的信用力(返済能力)を調査することを目的としています。

 

また、昨今カードの種類が豊富になるにつれ、JICCとCICの双方に登録と言うようなケースも増えています。

 

日本信用情報機構(JICC)※消費者金融(サラ金) 信販系

株式会社シー・アイ・シー(CIC)※信販会社 クレジット会社系

全国銀行個人情報信用センター(全銀協)※銀行系

 

 

ブラックリストに載るとどうなるか

 

ブラックリストに載ると新たにクレジットカードが作れなくなったり、ローンを組んで商品を購入することができなくなります。

 

よく、ブラックリストに載った事実が住民票や戸籍に記載されるのではないか、国民健康保険や民間の生命保険に加入できなくなるのではないか、国民年金の支払いがされなくなるのではないか、といった質問をされますがそんなことはありません。

 

 

賃貸契約にも影響はありませんがクレジットカードを利用して家賃を支払う必要がある場合は、新規の賃貸契約が締結できない可能性があります。また、すでに組んでいる自動車ローンは、そのローンの支払いが滞らない限り、たとえブラックリストに載っても自動車がローン会社に引き揚げられることはありません。

 

このようにブラックリストに載るとお金が借りられなくなったり、カードを利用することはできなくなりますが、基本的にそれ以外の日常生活にはほとんど影響はありません。

 

ブラックリストが解除されるまで5年から10年。

 

支払い予定日より3ヶ月間支払いが遅れた場合
・・・約5年間
自己破産
・・・10以内
個人再生
・・・10以内
任意整理
・・・約5年間
特定調停
・・・約5年間

 

 

関連ページ

ブラックリストはどんなリスト?
キャレントは、ブラックでも融資可能と言われる消費者金融ですが、そのような噂は本当でしょうか?キャレントの口コミや評判を見ているとキャレントの審査に落ちた人は、他社の返済を延滞・滞納している場合がほとんどでした。キャレントはブラックでも融資可能な消費者金融ですが、返済が延滞・滞納している状況ではキャレントでキャッシングする事は非常に難しいということです。ただ、キャレントの場合は独自の審査基準がありますので、延滞・滞納している原因などによっては融資が可能なことがあります。
申し込みブラックについて
ブラックに載ってしまう場合に、意外と知られていないのが、申し込みブラックといわれる人です。クレジットカードの審査の知識が無い人で、最もよくやってしまいがちなのは、いろいろな会社に同時期に何社も申し込んでしまうことです。Aクレジットに落ちてしまったから次はBクレジット、それもだめでC、D、E……という感じで複数の会社に申し込みをしてしまうことです。これを通称「多重申し込」みと呼び、クレジットカードの審査にとても不利になってしまう要因になってしまうのです。
延滞債務者とはどのような人?
銀行、あるいは消費者金融から借り入れをして、毎月の返済金が滞ってしまった場合に、返済が延滞されたといいますが、では、どのくらい返済をしなかった場合に、延滞債務者といわれるのでしょうか。 銀行での借り入れの場合は、特に規定はなく、返済が延滞した時に、債務者のほうに連絡が来て、延滞している理由とか、いつごろに入金してもらえるなどの話があり、お互いの話し合いの中で返済の方法が決められていきますので、いきなり、全国銀行個人信用情報センターのいわゆる不良債権者、ブラックリストとして登録されるわけでは有りません。