クレジットカード 金利と返済 

クレジットカードの金利と返済

ショッピングの場合、翌月払いや2回払い、ボーナス一括払いの場合は、金利はゼロです。

 

ですから、分割6回払いにすると金利がついてきますが、ボーナース払いにすれば6か月後、金利0円で6回払いと同じことになります。ボーナス二回払いは金利ゼロのカードもあれば、金利が必要なカードもあります確認しましょう。

 

一方で、クレジットカードのキャッシングの金利は、100万円未満の場合で18.0%、100万円以上で15.0%が多いようです。

 

これらはカード会社によって異なる以外にも、クレジットカードのグレードによっても変化し、ゴールドカードなどでは金利が低くなります。

 

これは、カード発行時に、カード保有者の審査を行っており、一般にゴールドカード保有者のほうが信用力が高く、カード会社にとっては、リスクが低く、お金を貸すことができるためです。

 

クレジットカードのキャッシングの金利水準は、消費者金融とほぼ同じ水準です。これは、ともに貸金業法により上限金利が決まっているためです。

 

上限金利は、10万円未満の場合は年20%、10万円以上100万円未満の場合は年18%、100万円以上の場合は年15%となっています。

 

ただし、100万円以上の借入を希望する場合は、クレジットカードのキャッシング、消費者金融、銀行カードローンの各サービス、各会社によって金利に差が出てきますので、金利条件を比較することにより、賢く利用できるでしょう。

 

関連ページ

グレーゾーン金利とは
最近、テレビや新聞などでよく「グレーゾーン金利」という言葉が取り上げられています。政府もこの問題について「対応を考えなければならない」と発言し、社会的にも経済的も大きな問題になっていました。さて、この「グレーゾーン金利」とはいったい何でしょう?
カードローンの金利計算方法
カードローンは銀行などの借入金と違い、小口のことが多いですから、金利が高いのが一般的です。 何故かといえば、金額が多くても少なくても、手数は同じようにかかるからです。カードローンの利息の計算は、簡単な計算式で算出できますから、借り入れをしたときご自身で計算をして、返済計画を立て、確実な方法で期日内に返済をすることが、大切です。
数年後には返せなくなる住宅ローン
自己所有の戸建てやマンションを購入される場合、現金でという方はあまりいませんね。ほとんどの方が、銀行か、金融公庫のローンを組んで見えるかと思います。でも、その金利のことを本当に理解されて見える方は少ないのではないでしょうか
高金利で借金は無くならない
消費者金融の借金は、普通に返していては無くなりません。無くすにしても莫大な時間がかかります。(平均4年〜6年位)どういうことかというと、元々、消費者金融とはそういうシステムになっているのです。このシステムを理解していないと、上手に借金を返済することはできませんし、金融システムの根本を理解することは、今後のあなたの生活を平穏にする効果も期待できます。
カードローンの利息と借りいれ限度額
キャレントは、ブラックでも融資可能と言われる消費者金融ですが、そのような噂は本当でしょうか?キャレントの口コミや評判を見ているとキャレントの審査に落ちた人は、他社の返済を延滞・滞納している場合がほとんどでした。キャレントはブラックでも融資可能な消費者金融ですが、返済が延滞・滞納している状況ではキャレントでキャッシングする事は非常に難しいということです。ただ、キャレントの場合は独自の審査基準がありますので、延滞・滞納している原因などによっては融資が可能なことがあります。
時間外手数料なしでATMからお金をおろす方法
キャレントは、ブラックでも融資可能と言われる消費者金融ですが、そのような噂は本当でしょうか?キャレントの口コミや評判を見ているとキャレントの審査に落ちた人は、他社の返済を延滞・滞納している場合がほとんどでした。キャレントはブラックでも融資可能な消費者金融ですが、返済が延滞・滞納している状況ではキャレントでキャッシングする事は非常に難しいということです。ただ、キャレントの場合は独自の審査基準がありますので、延滞・滞納している原因などによっては融資が可能なことがあります。
恐ろしい住宅ローンの仕組みとは
キャレントは、ブラックでも融資可能と言われる消費者金融ですが、そのような噂は本当でしょうか?キャレントの口コミや評判を見ているとキャレントの審査に落ちた人は、他社の返済を延滞・滞納している場合がほとんどでした。キャレントはブラックでも融資可能な消費者金融ですが、返済が延滞・滞納している状況ではキャレントでキャッシングする事は非常に難しいということです。ただ、キャレントの場合は独自の審査基準がありますので、延滞・滞納している原因などによっては融資が可能なことがあります。