返済不能 自己破産

返済不能で自己破産のデメリット 

最近の不景気によって、簡単に自己破産をされる方が多くなってきていますが、自己破産とはどういうことでしょうか。

 

自己破産の件数が増えています。計画性のないキャッシングなどを繰り返すうちに、多重債務に陥り、返済できなくなってしまう人が多くなっているのです。

 

中には「イザとなったら自己破産すればいいから」と、カンタンに考えている人もいるようです。
しかし、ちょっと待ってください!

 

たしかに最近「自己破産はカンタンに行える」とか「思っているよりデメリットはない」というような情報が流れているようです。けれど、それは大まちがい!自己破産はカンタンではないし、デメリットもあるのです。

 

自己破産のデメリット

 

●信用情報機関に登録

 

いわゆるブラックリストのようなもの。これによって、本人はもちろん、同居している家族もクレジットカードなどを使うことができなくなります。使用できない期間は、およそ7年間といわれています。

 

●破産者名簿に記載

 

市町村が発行している身分証明書に、破産の記録が記載されます。

 

●給与の差し押さえ

 

自己破産は周りに知られることがないと言われていますが、実際のところ給与が差し押さえられることで会社の人に知られてしまうことがあるようです。

 

●引越や旅行の制限

 

破産管財人がついた場合、破産の手続きが終わるまでは、裁判所の許可なしでは引越や長期の旅行はできません。

 

●資格の制限

 

弁護士・税理士・公認会計士、また会社の役員といった資格は失います。また、保険外交員や証券外交員なども禁止されます。意外なところでは、調教師や騎手、警備員などもそうです。この制限は免責と同時に解除されます。

 

そして、いちばんの落とし穴は、ヤミ金融のターゲットになる可能性があることです。

 

自己破産の免責が確定すると、7年間は再び自己破産することができません。そこで、自己破産者の情報を入手したヤミ金融が、ダイレクトメールなどでしつこく勧誘してくるのです。

 

大切なのは、計画的なキャッシングをすることです。そして、多重債務になる前に、ひとりで悩まず相談することです。

 

●全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会

 

●財団法人日本クレジットカウンセリング協会

 

●全国の貸金業協会消費者相談窓口

 

●全国の消費者センターや消費生活センター

 

●国民生活センター 

 

どこの機関も無料で相談に乗ってくれますので、自己破産になる前に早めに相談しましょう。自己破産しますといわゆるブラックリストなるものに載ってしまうといわれますが、ブラックリストとはなんでしょうか。

 

 

ブラックリスト

 

ブラックリストとは、金銭の貸借の契約において約束を反故し返済しなかったことを言います。種類を大きくわければ 債務整理・自己破産・強制解約・延滞・代位弁済です

 

債務整理・自己破産とは

債務整理や自己破産をした場合、契約内容にかんする情報や延滞・債務整理の事実が情報として記載されます。

 

強制解約とは

消費者金融会社やクレジットカード会社が契約を強制解約することです。契約の内容に関する情報のほか、延滞情報や債務整理の有無が情報として載ります

 

延滞とは

返済の期限までに支払いをしないことです。普通、1日でも遅れたら大問題なんですが、情報機関にブラックリストとして登録されるのは3ヶ月以上の支払い遅延がある場合となっています。ブラックリストの中で最も多いのが延滞です。延滞自体遅れても支払いをすると大丈夫ですが、ブラックリスト登録された帰路期はなかなか消えません。

 

代位弁済とは

これは、金融会社が借り入れした人じゃなくて、契約している保証会社に一括返済を請求して返済をおこなわれた状態のことです。金融会社に対しては債務は残っていませんが、保証会社への債務は残っています。

 

長期間延滞が滞った場合には、金融機関側がとる代立弁済の執行で生じます。保証人のないクレカやキャッシングカードローンなどの場合これはとられません。住宅ローンのように保証会社をつけなくてはならないローンの場合のみです。

 

関連ページ

多重債務者は借り換えして金利負担を軽減する
借り換えとは、借り入れを金利の高い業者から低い業者に移し金利負担を軽減する事です。借り換えの問題点属性(借金している当人の職業など)が良ければ問題はないですが、既に借り入れしている状態であるので、そう簡単に金利の低いところ(銀行系は審査が厳しい)には審査が通らない場合があります。 借り換えでの金利引き下げを試みる 上記のような問題点があっても諦めず、審査が甘めの消費者金融を利用するといいでしょう。 というのも、消費者金融系の場合であっても完済を使って金利の引き下げをする事が出来るからです。
携帯電話・スマホの分割払い延滞の危険性
最近では、携帯電話が分割払いをすることが一般的になってきました。特に、高機能携帯電話であるスマートフォン(スマホ・スマフォ)は高額なこともあり、分割払いでの購入がごく当たり前となってきています。しかし、意外と知られていないのが、月づきの支払の中に含まれている、電話機本体の分割支払金です。請求書をよく見れば確認できますが、普通はすべてが電話料の認識が多いようですね。
カードローンの返済が遅れた時
キャレントは、ブラックでも融資可能と言われる消費者金融ですが、そのような噂は本当でしょうか?キャレントの口コミや評判を見ているとキャレントの審査に落ちた人は、他社の返済を延滞・滞納している場合がほとんどでした。キャレントはブラックでも融資可能な消費者金融ですが、返済が延滞・滞納している状況ではキャレントでキャッシングする事は非常に難しいということです。ただ、キャレントの場合は独自の審査基準がありますので、延滞・滞納している原因などによっては融資が可能なことがあります。
カードローンの支払いを数回遅延した場合
キャレントは、ブラックでも融資可能と言われる消費者金融ですが、そのような噂は本当でしょうか?キャレントの口コミや評判を見ているとキャレントの審査に落ちた人は、他社の返済を延滞・滞納している場合がほとんどでした。キャレントはブラックでも融資可能な消費者金融ですが、返済が延滞・滞納している状況ではキャレントでキャッシングする事は非常に難しいということです。ただ、キャレントの場合は独自の審査基準がありますので、延滞・滞納している原因などによっては融資が可能なことがあります。
保証人と連帯保証人について
キャレントは、ブラックでも融資可能と言われる消費者金融ですが、そのような噂は本当でしょうか?キャレントの口コミや評判を見ているとキャレントの審査に落ちた人は、他社の返済を延滞・滞納している場合がほとんどでした。キャレントはブラックでも融資可能な消費者金融ですが、返済が延滞・滞納している状況ではキャレントでキャッシングする事は非常に難しいということです。ただ、キャレントの場合は独自の審査基準がありますので、延滞・滞納している原因などによっては融資が可能なことがあります。
ギャンブル依存症で借金をして人生を捨てる人々
ギャンブルといえばパチンコ、競馬、競輪、などが代表的なものがありますが、これらのキャンブル依存症で借金を重ねて、人生を捨てる人々がいるのは残念で仕方ありません。特に、パチンコ店がこれだけ乱立しているのは世界でただ日本だけです。今ではお世辞にも遊技・娯楽と言えるものではなく、かなり依存度の強いギャンブルです。
金融会社からの返済要求を無視続けるとどうなるか?
最初は携帯電話にかかってくることが多いので、ここで対応すれば次の段階には進まない必ず「本人かどうか」を確認してから用件に入る本人以外に用件を話すことは絶対にない消費者金融は個人名を名乗るが、銀行や信用金庫は社名を名乗る場合もある厳しい口調で話されたり、怒鳴られるようなことはない
債権回収会社(サービサー)からの督促状
金融会社からの請求などの無視して、支払いを延滞した場合に、その債権、要するにあなたの借入金の返済金が債権回収会社というところに、転売されて、債権がそちらの会社に移ってしまうことがあります。そのような状態になると、債権回収会社(サービサー)から請求が届くようになります。そのような場合はどのように対応したらいいのでしょうか?
クレジットカードの賢い返済方法
お店や飲食店などで、料金をクレジットカードで支払おうとしますと、何回払いにされますか?と聞かれます。しかし、1回払いなどといいますとあまりいい顔はされません。なぜなら、クレジット会社や店舗は、分割払いや、リボ払いの金利で営業利益を上げていますから、なるべく分割払いやリボ払いを進めますが、預金があるならば、なるべく1,2回払いを利用したほうがいいと思います。
自己破産のデメリット
キャレントは、ブラックでも融資可能と言われる消費者金融ですが、そのような噂は本当でしょうか?キャレントの口コミや評判を見ているとキャレントの審査に落ちた人は、他社の返済を延滞・滞納している場合がほとんどでした。キャレントはブラックでも融資可能な消費者金融ですが、返済が延滞・滞納している状況ではキャレントでキャッシングする事は非常に難しいということです。ただ、キャレントの場合は独自の審査基準がありますので、延滞・滞納している原因などによっては融資が可能なことがあります。
消費者金融やクレジットカードで返済が遅れた時
キャレントは、ブラックでも融資可能と言われる消費者金融ですが、そのような噂は本当でしょうか?キャレントの口コミや評判を見ているとキャレントの審査に落ちた人は、他社の返済を延滞・滞納している場合がほとんどでした。キャレントはブラックでも融資可能な消費者金融ですが、返済が延滞・滞納している状況ではキャレントでキャッシングする事は非常に難しいということです。ただ、キャレントの場合は独自の審査基準がありますので、延滞・滞納している原因などによっては融資が可能なことがあります。
知らないと損する「債務整理」の基礎知識
キャレントは、ブラックでも融資可能と言われる消費者金融ですが、そのような噂は本当でしょうか?キャレントの口コミや評判を見ているとキャレントの審査に落ちた人は、他社の返済を延滞・滞納している場合がほとんどでした。キャレントはブラックでも融資可能な消費者金融ですが、返済が延滞・滞納している状況ではキャレントでキャッシングする事は非常に難しいということです。ただ、キャレントの場合は独自の審査基準がありますので、延滞・滞納している原因などによっては融資が可能なことがあります。
カードローン返済方法について
キャレントは、ブラックでも融資可能と言われる消費者金融ですが、そのような噂は本当でしょうか?キャレントの口コミや評判を見ているとキャレントの審査に落ちた人は、他社の返済を延滞・滞納している場合がほとんどでした。キャレントはブラックでも融資可能な消費者金融ですが、返済が延滞・滞納している状況ではキャレントでキャッシングする事は非常に難しいということです。ただ、キャレントの場合は独自の審査基準がありますので、延滞・滞納している原因などによっては融資が可能なことがあります。
返済金額のシュミレーション
キャレントは、ブラックでも融資可能と言われる消費者金融ですが、そのような噂は本当でしょうか?キャレントの口コミや評判を見ているとキャレントの審査に落ちた人は、他社の返済を延滞・滞納している場合がほとんどでした。キャレントはブラックでも融資可能な消費者金融ですが、返済が延滞・滞納している状況ではキャレントでキャッシングする事は非常に難しいということです。ただ、キャレントの場合は独自の審査基準がありますので、延滞・滞納している原因などによっては融資が可能なことがあります。