多重債務者 借り換え

多重債務者は借り換えして金利負担を軽減する

借り換えとは、借り入れを金利の高い業者から低い業者に移し金利負担を軽減する事です。

 

借り換えの問題点

 

属性(借金している当人の職業など)が良ければ問題はないですが、既に借り入れしている状態であるので、そう簡単に金利の低いところ(銀行系は審査が厳しい)には審査が通らない場合があります。

 

借り換えでの金利引き下げを試みる

 

上記のような問題点があっても諦めず、審査が甘めの消費者金融を利用するといいでしょう。というのも、消費者金融系の場合であっても完済を使って金利の引き下げをする事が出来るからです。

 

 

消費者金融は完済されると当然利息(収入)が入らなくなります。そうするとまた借りてもらおうと再勧誘の電話があります。この時に「〇〇(会社)の方が金利安くしてくれたので、あっちの方が使い易い」と言うと、金利を引き下げてくれたりする可能性があるのです。

 

 

このあたりは、消費者金融会社との交渉をして、少しでも金利を下げることを考えましょう。

 

 

返済例

 

借入件数が4件で全て大手消費者系だった場合

 

A社:50万円(27.375%)

 

B社:100万円(25.55%)

 

C社:30万円(28.835%)

 

D社:50万円(27.375%)

 

この場合現状約定返済額は7万2千円ほどになります。

 

それで返済できる額が8万円だとしたら?(この時返済が厳しい時は他社で利息返済を使う、或いは返済後引き出しで対処して下さい)

 

この場合まずはCの完済を目指します。

 

金額的には

 

A社:1万5千円

 

B社:2万8千円

 

D社:1万5千円

 

で5万8千円の返済で残り2万2千円をCに返済していきます。

 

それを続ければ17ヵ月後には完済出来るはずです。

 

他社も順調に返済出来ていれば

 

A社の残高:43万600円

 

B社の残高:87万2千円

 

D社の残高:43万600円

 

となります(※利息返済や返済後引き出ししていたら変わります)。

 

組み直してみると

 

A社:50万円

 

B社:100万円

 

D社:23万4千円

 

になります。完済出来たC社で金利引き下げ交渉が出来たら借り換えも考えて下さい。

 

次は

 

A社:1万5千円

 

B社:2万8千円

 

の返済にしてD社は3万7千円の返済にします。

 

これで7ヵ月後にはD社を完済できます。

 

残り2社になれば完済した所での金利引き下げ交渉と共に、他の金利の低い所(例えばモビット)での借り換えも考えてみて下さい。

 

ここからは地道に金利の高い所を返済していく方がいいと思います。ポイントは出来るだけ完済しようと思う所を多めに返済していく事です。

 

※計算等は31日計算でしており、若干の金額の違いが出ます。

 

関連ページ

返済不能で自己破産のデメリット
最近の不景気によって、簡単に自己破産をされる方が多くなってきていますが、自己破産とはどういうことでしょうか。自己破産の件数が増えています。計画性のないキャッシングなどを繰り返すうちに、多重債務に陥り、返済できなくなってしまう人が多くなっているのです。
携帯電話・スマホの分割払い延滞の危険性
最近では、携帯電話が分割払いをすることが一般的になってきました。特に、高機能携帯電話であるスマートフォン(スマホ・スマフォ)は高額なこともあり、分割払いでの購入がごく当たり前となってきています。しかし、意外と知られていないのが、月づきの支払の中に含まれている、電話機本体の分割支払金です。請求書をよく見れば確認できますが、普通はすべてが電話料の認識が多いようですね。
カードローンの返済が遅れた時
キャレントは、ブラックでも融資可能と言われる消費者金融ですが、そのような噂は本当でしょうか?キャレントの口コミや評判を見ているとキャレントの審査に落ちた人は、他社の返済を延滞・滞納している場合がほとんどでした。キャレントはブラックでも融資可能な消費者金融ですが、返済が延滞・滞納している状況ではキャレントでキャッシングする事は非常に難しいということです。ただ、キャレントの場合は独自の審査基準がありますので、延滞・滞納している原因などによっては融資が可能なことがあります。
カードローンの支払いを数回遅延した場合
キャレントは、ブラックでも融資可能と言われる消費者金融ですが、そのような噂は本当でしょうか?キャレントの口コミや評判を見ているとキャレントの審査に落ちた人は、他社の返済を延滞・滞納している場合がほとんどでした。キャレントはブラックでも融資可能な消費者金融ですが、返済が延滞・滞納している状況ではキャレントでキャッシングする事は非常に難しいということです。ただ、キャレントの場合は独自の審査基準がありますので、延滞・滞納している原因などによっては融資が可能なことがあります。
保証人と連帯保証人について
キャレントは、ブラックでも融資可能と言われる消費者金融ですが、そのような噂は本当でしょうか?キャレントの口コミや評判を見ているとキャレントの審査に落ちた人は、他社の返済を延滞・滞納している場合がほとんどでした。キャレントはブラックでも融資可能な消費者金融ですが、返済が延滞・滞納している状況ではキャレントでキャッシングする事は非常に難しいということです。ただ、キャレントの場合は独自の審査基準がありますので、延滞・滞納している原因などによっては融資が可能なことがあります。
ギャンブル依存症で借金をして人生を捨てる人々
ギャンブルといえばパチンコ、競馬、競輪、などが代表的なものがありますが、これらのキャンブル依存症で借金を重ねて、人生を捨てる人々がいるのは残念で仕方ありません。特に、パチンコ店がこれだけ乱立しているのは世界でただ日本だけです。今ではお世辞にも遊技・娯楽と言えるものではなく、かなり依存度の強いギャンブルです。
金融会社からの返済要求を無視続けるとどうなるか?
最初は携帯電話にかかってくることが多いので、ここで対応すれば次の段階には進まない必ず「本人かどうか」を確認してから用件に入る本人以外に用件を話すことは絶対にない消費者金融は個人名を名乗るが、銀行や信用金庫は社名を名乗る場合もある厳しい口調で話されたり、怒鳴られるようなことはない
債権回収会社(サービサー)からの督促状
金融会社からの請求などの無視して、支払いを延滞した場合に、その債権、要するにあなたの借入金の返済金が債権回収会社というところに、転売されて、債権がそちらの会社に移ってしまうことがあります。そのような状態になると、債権回収会社(サービサー)から請求が届くようになります。そのような場合はどのように対応したらいいのでしょうか?
クレジットカードの賢い返済方法
お店や飲食店などで、料金をクレジットカードで支払おうとしますと、何回払いにされますか?と聞かれます。しかし、1回払いなどといいますとあまりいい顔はされません。なぜなら、クレジット会社や店舗は、分割払いや、リボ払いの金利で営業利益を上げていますから、なるべく分割払いやリボ払いを進めますが、預金があるならば、なるべく1,2回払いを利用したほうがいいと思います。
自己破産のデメリット
キャレントは、ブラックでも融資可能と言われる消費者金融ですが、そのような噂は本当でしょうか?キャレントの口コミや評判を見ているとキャレントの審査に落ちた人は、他社の返済を延滞・滞納している場合がほとんどでした。キャレントはブラックでも融資可能な消費者金融ですが、返済が延滞・滞納している状況ではキャレントでキャッシングする事は非常に難しいということです。ただ、キャレントの場合は独自の審査基準がありますので、延滞・滞納している原因などによっては融資が可能なことがあります。
消費者金融やクレジットカードで返済が遅れた時
キャレントは、ブラックでも融資可能と言われる消費者金融ですが、そのような噂は本当でしょうか?キャレントの口コミや評判を見ているとキャレントの審査に落ちた人は、他社の返済を延滞・滞納している場合がほとんどでした。キャレントはブラックでも融資可能な消費者金融ですが、返済が延滞・滞納している状況ではキャレントでキャッシングする事は非常に難しいということです。ただ、キャレントの場合は独自の審査基準がありますので、延滞・滞納している原因などによっては融資が可能なことがあります。
知らないと損する「債務整理」の基礎知識
キャレントは、ブラックでも融資可能と言われる消費者金融ですが、そのような噂は本当でしょうか?キャレントの口コミや評判を見ているとキャレントの審査に落ちた人は、他社の返済を延滞・滞納している場合がほとんどでした。キャレントはブラックでも融資可能な消費者金融ですが、返済が延滞・滞納している状況ではキャレントでキャッシングする事は非常に難しいということです。ただ、キャレントの場合は独自の審査基準がありますので、延滞・滞納している原因などによっては融資が可能なことがあります。
カードローン返済方法について
キャレントは、ブラックでも融資可能と言われる消費者金融ですが、そのような噂は本当でしょうか?キャレントの口コミや評判を見ているとキャレントの審査に落ちた人は、他社の返済を延滞・滞納している場合がほとんどでした。キャレントはブラックでも融資可能な消費者金融ですが、返済が延滞・滞納している状況ではキャレントでキャッシングする事は非常に難しいということです。ただ、キャレントの場合は独自の審査基準がありますので、延滞・滞納している原因などによっては融資が可能なことがあります。
返済金額のシュミレーション
キャレントは、ブラックでも融資可能と言われる消費者金融ですが、そのような噂は本当でしょうか?キャレントの口コミや評判を見ているとキャレントの審査に落ちた人は、他社の返済を延滞・滞納している場合がほとんどでした。キャレントはブラックでも融資可能な消費者金融ですが、返済が延滞・滞納している状況ではキャレントでキャッシングする事は非常に難しいということです。ただ、キャレントの場合は独自の審査基準がありますので、延滞・滞納している原因などによっては融資が可能なことがあります。