キャレント 審査 クチコミ

お金がないのに審査が通らない

カードローンの審査基準記事一覧

キャッシングで保証人はなぜいらないか。

従来は、借金をするのに保証人を立てるのは当たり前でした。個人対個人の貸し借りなどでは、貸し手としては必ず返済してもらうことが最も重要なわけですから、当然のことだったのです。個人でのキャッシングは原則保証人不要現在では、原則として個人のキャッシングの場合は保証人を立てる必要はありません。そこで、キャッ...

≫続きを読む

 

カードローンは在籍確認なしで借りれる?

条件さえ満たせば、電話での連絡をしないカードローンの会社があります。カードローンを申し込む場合は、原則として金融会社は、借りる人が、その住所に住んでいるか、その会社に間違いなく勤めているかなどという、いわゆる「在籍確認」というものを行います。でも、キャッシングをするということが、家族や会社に知られて...

≫続きを読む

 

カードローンの収入証明で嘘をついてもOK?

カードローンの収入証明の提出は、消費者金融系の場合は50万円まで、銀行系の場合は、銀行によって異なりますが、おおむね100万円から300万円くらいまでの借入枠の場合は、提出する必要がありません。しかし、カードローンの申込書には、金額にかかわらず自己申告による年収の記入欄があります。一般的には、少しで...

≫続きを読む

 

金融事故があってもお金は借りれるか?

金融事故があってもお金が借りたいという方は、初めに自分がどのような理由で、事故を起こしたのかを明確にすることが大切です。その、原因によって、借りれが可能な方法が違ってくるからです。たとえば、2〜3回の返済が滞った場合などは、金融機関によっては問題なく貸付OKのところもありますし、その程度の記録はもし...

≫続きを読む

 

過払い金の請求返還を拒否された

過払い金の請求できる期限もあと少しとなり、駆け込みで結構多くの請求が増加傾向にあるそうですが、ここにきて、過払い金を請求しても、返還を拒否する業者が現れ対応に苦慮している弁護士先生が見えます。過払い金請求の手順としては、内容証明が相手方に届くと、通常は、相手方から返信の手紙、ないしは電話連絡が入って...

≫続きを読む

 

総量規制とは

貸金業法により、お客様が貸金業者から借りることのできる額の総額に制限が設けられている規制のことです。具体的には、借入残高が年収の3分の1を超える場合、新規の借入れをすることができません。※この規制が適用されるのは、貸金業者から個人が借入れを行う場合です。銀行からの借入れや法人名義での借入れは対象外で...

≫続きを読む

 

日本の信用情報機関とは

日本の信用情報機関の顧客情報は審査に影響キャッシングの審査に必要不可欠な外部の機関で、ここには利用者の個人情報・借入情報・事故情報などが登録されています。現在、3つの信用情報機関がありますが、大まかに「消費者金融系」「銀行系」「クレジット・信販会社系」に分けられるようです。(株)日本信用情報機構 消...

≫続きを読む

 

消費者金融で審査が通らない

カードローンの審査が通らないのには理由カードローンの申し込みをすると、審査によって融資が受けられるかどうかが決まります。しかし、すべての人が審査を通るわけではありません。金融会社としては、お金を貸しても確実に返してくれる人物かどうか、信頼できるかどうか、返済が可能かどうか、審査をして見極めることはと...

≫続きを読む

 

信用情報機関の情報を甘く見るな!

信用情報機関には、あなたが想像している以上の多くの個人情報が記録されています。クレジットカードやショッピングクレジット・携帯電話端末本体の分割払いの利用情報、住宅ローン・自動車ローン・教育ローン・キャッシング・カードローンなどの各種のローンや車のリース等の利用状況と残高・返済履歴が登録されています。...

≫続きを読む

 

信用情報の開示制度

信用情報の開示とは、信用情報機関に登録されているご自身のローンやクレジットなどの契約内容や支払状況等に関する情報を確認することを言います。自分自身で金融事故の覚えがないのに、キャッシングやカードローンの審査に通らないという方は、信用情報の開示して見れば何が問題で、審査が通らないのかわかることがありま...

≫続きを読む

 

カードローン審査落ち

どうしても、今すぐお金が必要という方にとって、カードローンやキャッシングは本当にありがたい存在ですね。でも、どうしても避けて通ることができないのが、審査です。何回申し込んでも審査に落ちてしまう方、どこに申し込んでも審査が、通らない方などの場合、諸々の原因があるでしょうが、カードローンの審査に落ちる人...

≫続きを読む

 

ローンが組めない理由

住宅ローン、自動車ローン、大型家電ローンなど生活するために必要なものを、購入しようとしますと高額なものはどうしても、ローンをくむ必要があります。そこで問題になるのが、ローンが組めないという事態に陥る方が、非常に多いという現実です。ローンを組む際には必ず審査が必要なってきます。その審査で落とされるとい...

≫続きを読む

 

無職でもお金を借りれるか

無職でも借りられる消費者金融はあるか?消費者金融のカードローンの審査基準の中に、現在の職業という部分は大変重要視されます。なぜならば、貸付をしても、返済する能力が無職ではありませんから、そのため「収入がある=仕事をしている」方に限りますから、収入の無い方への融資は行われません。たとえば、あなたのとこ...

≫続きを読む

 

キャッシングの審査項目について

消費者金融でお金を借りようとしますと、まずは審査があります。その審査で、一番重要な項目は消費者金融界で呼ばれている属性です。申込書に記入する項目、つまり氏名・年齢・職業・家族構成などなどのことをいいます。これについては、自分のことのみならず、家族や仕事などのプライバシーをさらけだすことにはなりますが...

≫続きを読む

 

保証人と連帯保証人について

保証人と連帯保証人は同じようですが、その責任能力は大きく違います。保証人保証人が支払をしなければならないケースは、債務者が支払うことができない場合だけ です。債務者が支払うことができない場合というのは、例えば債務者が自己破産したとか、行方不明になって連絡がつかないなどが考えられます。保証人には以下で...

≫続きを読む

 

カードローン審査時間

カードローン審査時間はなるべく早いほうがいいですね。カードローンの審査期間はどのくらいなのでしょうか?しかし、金融機関によって、カードローンの審査期間は異なります。カードローンの審査期間は、どこも同じと考えている人もいるかもしれません。しかし、カードローンの審査期間は、いろいろな条件で異なります。1...

≫続きを読む

 

お金を借りても利率を下げられる裏技

どこからお金を借りても利率を下げられる裏技を説明します。郵便貯金通帳を使いますので、ない方は郵便局にいって必ずつくって下さい。この方法は最大900万円まで可能になります。しかし、郵便局通帳がないとこの裏技は使えません。これ重要ですよ!!次に、どこでもいいですから、キャッシングのカードをつくりましょう...

≫続きを読む